ゆきぼうしテラス建設中  

 

 絵本の家ゆきぼうしは、今年で開館から25年を迎えます。フーのきの森に面した、只見線の枕木で作ったテラスは、幾多の豪雪を経て、歩くのが危険なほどに朽ちてしまいました。

 森を一望でき、季節を体感できるすてきな場所を、なんとか再生したいとこの度、テラスを作り直す決断をしました。夏休みには完成する予定で、現在工事が始まっております。

ゆきぼうしの「自然と子どもと絵本」の趣旨にご賛同くださり、ご協力いただいいる賛助会費を大切に活用し、地元業者様のご協力を得ながら、現在工事が始まりました。枕木に代わる土台は専門の業者にお願いし、冬には取り外すことも考慮に入れた手すりは、自分たちで施工することにしました。

 この夏の完成を目指して、各自制作中です。ああ、梅雨明けが待ち遠しい!

 そしてテラス完成を記念して、森でファミリーコンサートを開催します。

 みなさま、どうぞご期待ください。この夏、さあ、ゆきぼうしへ!お待ちしています。

  ファミリーコンサートチケットの売上金はテラスの工事費に充てさせていただきます  

ゆきぼうしテラス完成イメージ_02.jpg
ゆきぼうしテラス完成イメージ_01.jpg

  テラス完成予想図   

  テラスの現状   

大島桜のお花見スポットなんですが
大島桜のお花見スポットなんですが
せっかくいらしても立入禁止…
せっかくいらしても立入禁止…
かつては只見線を支えていた枕木
かつては只見線を支えていた枕木
森のおじさんの資材置場でしたね
森のおじさんの資材置場でしたね
雪解けの度に斜面が少しずつ削れたよう
雪解けの度に斜面が少しずつ削れたよう
枕木の苔が年月を感じさせます
枕木の苔が年月を感じさせます
苔むしていくのもよいのですが
苔むしていくのもよいのですが
強度が心配
強度が心配
見上げるとなかなかの迫力
見上げるとなかなかの迫力
苔に浸食されそう
苔に浸食されそう
枕木そのものもだいぶやせました
枕木そのものもだいぶやせました
子どもの足なら入ってしまいます
子どもの足なら入ってしまいます
地元男衆による土留めと整地
地元男衆による土留めと整地
テラス予定地にある木を移植
テラス予定地にある木を移植
狭い土地に立派な重機
狭い土地に立派な重機
未来予想図が見えてきました
未来予想図が見えてきました
型枠工事開始です
型枠工事開始です
砕石が入りいよいよ
砕石が入りいよいよ
プロによる美しい配筋
プロによる美しい配筋
コンクリート打設!
コンクリート打設!

新潟県の豪雪地帯として知られる

魚沼市旧守門村(すもんむら)に

「自然と子どもと絵本」を

テーマにした

絵本の家「ゆきぼうし」があります。
 

1995年にたくさんの方からの

カンパと絵本とお手伝いをいただいて

出来上がったものです。
ここには絵本や童話や自然の本など9700
冊余りの本が備えてあり

そのまわりには、散策できる

“フーのきの森”もあります。
白い光と緑の風の中で

ゆったりと絵本をお楽しみ下さい。

〒946-0216
新潟県魚沼市須原5192-1

TELとFAX

025-797-2330

来訪のお問い合わせ

090-2307-6854

【代表・おおだいら】

 新 メールアドレス

yukiboushi@forest.ocn.ne.jp

2021年(令和3年)は
4/3,4(土日)より
開館致しました。
開館時間

毎週土・日曜日

10:00〜16:00

  • Wix Facebook page